カードローン金利は借入れ前によく調べておく

カードローンの金利は通常、何パーセントから何パーセントというように表示されています。
単利は、借入金そのままの金額を変えないで利子を決定する方法で、福利というのは借入金額に利子を加算してその金額で次回の利子を決めていくという方法です。
例えば、単利で計算すると元本10万円で年利12パーセント、つまり月に換算すると月1パーセントの利子で返済期間が3ヶ月の場合は、1ヵ月後の利子は10万円×1パーセント(O.
01)で1000円、2ヶ月後3ヵ月後も変わらず1000円のままなので、利子の合計は3000円となります。
ところが複利で同じ設定も下計算すると、1ヵ月後の利子は単利と同じく1000円ですが、2ヵ月後は10万1000円×1パーセント(0.
01)で利子1010円、3ヶ月後は10万2010円×1パーセント(0.
01)で1020.1円、合計利子が3030.1円となるので単利より多くなります。
例えば、3万円を月利1パーセントで借入し、3ヶ月で返済すると考えた場合、実質年率だと返済1回目の利子は3万円×1パーセントで300円、2回目の利子は1回目の返済分の1万円を元本から引いた2万円×1パーセントで200円、3回目の利子は2回目の返済分から元本を引いた1万円×1パーセントで100円、合計利子は600円になります。
一方アドオン金利の場合、同じ設定の下計算すると1回目から3回目までの利子が全て変わらないので300円、合計利子が900円となり同じ金利設定でもアドオン金利の方が利子が多くなるので、借入を行う際はよく調べておくことが必要です。